スポンサーリンク

観戦記 PERFECT 2007 第7戦 愛媛

観戦記 PERFECT 2007 第7戦 愛媛

第7戦はなんと、PDCプレイヤーのJelle Klaasenがスポット参戦。嵐を巻き起こしています。観戦記もそこに注目ですね。

※全部見るのは大変なので、気になる試合だけ見ています。

Men’s Singles Round-1 Jelle Klaasen vs 福永正和

33a64592d4b57d9d417cf43e434aabba

https://www.youtube.com/watch?v=YnTBws2A7SE

さあ珍しく海外からの参加で勝ち上がっているクラッセン。バリバリのPDCプレイヤーです。今回はこれを見ましょう。またもう一つここは注目ポイントがあって…対戦相手がT-Bというねw
この時の対戦については未だにT-Bの放送などで話題に上がるので、見ておいて損はない。

最初の1スロー目からビビります。野球投げかと思うような叩きつけるようなダーツで、フォロー後の姿勢も勢い余ってよろけてる。なのにこんな入って、カルチャーショック…。

もちろん今はハードのいろいろな試合も見るし、ルイスやMVGのダーツを見ればむしろ日本のほうが特殊なのもわかります。が、当時はなんじゃこりゃって感じだったかもしれませんね…

ですが対するT-Bもうまいんですよね。教えていまのT-BTVのグリップイップス後遺症と違って、ビシっと決まった格好いいフォームです。まだまだ活躍してほしかった反面、選手として出ていたら後のPERFECTの賑やかな解説はなかったわけで、複雑です(´・ω・`)

279fc7597230f972e804057a2c25d658

LEG1、T-Bが後攻から追い上げるもクラッセンがガシガシ、と形容するにふさわしいダーツで問題なくキープ。

LEG2、も叩きつけるようなダーツで、「なんじゃこりゃー!」って感じのブレイク。こんなでも入ってしまえばダーツ的には大正義です。

LEG3はクラッセンがスタートに失敗するも、T-Bも外して苛つき気味。2R目からは畳み掛けられて早い終了。

3ゲームやって動画の時間が8:50!信じられますかこれ…w

 

Men’s Semi-Finals Jelle Klaasen vs 篠原直樹

b9fefbdc0854e73b88e6037ed53b8e59

https://www.youtube.com/watch?v=CFeog7Iv9v0

PERFECTでのクラッセンを見れるのは今回だけなので、ここは最後まで注目しましょう。

LEG1、ぎりぎり追い詰めながらも124でトライを先にできた篠原ですが、決めきれずにクラッセンがブレイク!

LEG2、篠原も食らいついていったんですがやはりシュート力の差がつらい。20を閉じることなく終了。

LEG3は篠原がリードし、キープ行けるかと思ったのですが…20を先閉めする展開から泥仕合に持ち込まれ、16でまくられて3タテ…。

 

Men’s Final Jelle Klaasen vs 菅原雄太

e32308ddf8767f3df2cc8390e4fca992

https://www.youtube.com/watch?v=uVPTH0gAZOM

決勝までクラッセンDAYで。しかし菅原もせっかくの初決勝がクラッセンなのはつらいですね…。

S1-LEG1、相手がいくらクラッセンでも15ダーツで上がれば何もできない!素晴らしいダーツで土をつけました。

S1-LEG2、クラッセンも打ちますが杉山も乗っている。さすが決勝まで上がってきたぞという感じです。ただ後攻なのと、16でのノーマークの時点でゲームセットでしょうね。

S1-LEG3、先行セットなのでクリケットをいくら打たれてもゼロワンでキープできれば問題ない。しかし331から160で171残しと、クラッセンがトライを先に出す。これは結局上がれなかったのですが、プレッシャーになったのか菅原が乱れ、110のトライは流石に外さないクラッセン。もったいないゲームでした…。

S2-LEG1、相変わらずのテンポで削り続けるクラッセンに対し、菅原が折れてしまいました。菅原はトライすらすることなく、クラッセン勝利。

S2-LEG2、絶望的な状況で最後の粘りを見せたい菅原ですが、3本スタートからの2本。もうここで実質ゲームセット…。なんと4Rで終わってしまいました(^_^;)

 

Women’s Final 岩井美奈子 vs 石原瑞穂

4cad73f2e1fceb15729aeb3fe9c23e94

岩井プロは初めて見ます。2007年のみプロ活動をしてたっぽいですね。

LEG1、展開的にはお互いイマイチという感じでしたが、アウトがハードダーツなみにもつれ、2残りvs8残りまで行ってしまう。うーむ…

LEG2、クリケットは正直飛ばし飛ばしの観戦。岩井に良いラウンドが何回かあり、キープ。

LEG3、同じく飛ばし飛ばしで…女子のクリケットはこの時代まだまだですね。まあカウントアップで予選をやった女子大会もあったくらいだしな…。

LEG4、お互いはいらないところからの岩井が3連続ロートンで抜け出したという感じ。50残りになったものラッキーでしたね。最後は一本で決めて岩井の優勝!

 

第7戦 愛媛 感想

いやー、とにかくクラッセンにつきますね。実はこの時MVGも同行して2人で来日しているわけですが、MVGはさくっと負けてしまったようです。

T-Bもこの時のことは昔のダーツトピックスで書いたりしていますが、やはり世界との差を感じたというところでしょうか。

→T-Bのブログ http://archive.fo/9w7J4

残念なのはクラッセンの組み合わせがもっと有名所とだったら燃える展開になったかなと言うところ。vs星野、vs松元、vs山田が見れたらなあ…。