スポンサーリンク

観戦記 PERFECT 2007 第5戦 富山

観戦記 PERFECT 2007 第5戦 富山

今回は富山での第5戦。星野も岩永も決勝にいないという珍しい展開でした。

※全部見るのは大変なので、気になる試合だけ見ています。

Men’s Semi-Finals 濱田朗伸 vs 星野光正

97b0f201552d5cd757c6778c96ccb9ba

https://www.youtube.com/watch?v=vTBOZrFaK4M

今回はまずぶんぶんこと濱田vs星野の試合に注目。濱田は昔のライブ系の動画にはよく出てきて、どちらも現在はJの選手ですよね。試合を見てみると、濱田は近年とかなり投げ方が違いますね。チョイ投げ!という感じです。のびのびと投げる星野に対し、少し窮屈そうなイメージです。フォロースルーが伸び切っていない感じですね。

LEG1、ブレイクされそうな132上がりを星野が上がれなかったことにより濱田にチャンス到来。しかしそこできめられず、星野ブレイク!

LEG2、星野が9本スタート!それに対して濱田は4本と、星野のシュート力も考慮するとこの1Rで勝負は決まったかにも見えます。しかし星野もその後大きい本数は打てず、ジリジリ追い詰めていたところに濱田の16ベッド!これで流れが代わり、濱田がブレイクバックを達成。

LEG3はお互いイマイチ打てない序盤と、星野が入れだすと濱田も入れだすお付き合い的な部分が面白いです。展開はそこまで激しくない戦いのまま、だらだらと濱田が先行の利で勝利をおさめた感じ。

LEG4、星野先行の701ということでさすがに当時の星野なら余裕…と思ったら星野のミスと、濱田の好調な削りでトライを許す展開。結構ギリでしたね。

LEG5、開始前にグータッチしてるのが面白いですね。初年度ということでついとっさにという感じでしょうか。そういえばコークもジャンケンで決めているのか…。これはプロとして見栄えしないのでコイントスにして正解でしたねえ。

試合ですが星野は自信があるゼロワンをチョイス。そしてその選択どおりにブルパーペースで削りまくってプレッシャーをかけます。しかし浜田も4LEGでもブルは合っていたのを見落としたかもしれないですね。濱田もガンガン削り、50トライ!…を1に外し上がれなくなる。

105残りの星野、余裕でこれはアウト!と思ったらラストでミス。これには濱田もおどけて、スローラインに行く時に笑ってますがこれはちょっと良くないかなあ…ともあれ、濱田が32を2本で上がり星野に勝利!

Men’s Final 杉山宗嗣 vs 濱田朗伸

5e76c557a13ae21962993a5c314b5b88

https://www.youtube.com/watch?v=79PI-m19ZG4

申し訳ないですが杉山選手については知りませんでした。最近は活動をしていないようですね。
フォームはかなりきれいですが、フォローを最後までしないで止めるタイプっぽいので少し危うさがあるような気がします。そしてバレルは今なかなかなさそうなクラッシックなストレートですね…PDC選手みたいでかっこいい。

S1-LEG1は順当に先行の杉山が勝利。濱田は1ブルで余裕を持たせてしまったのが痛かった。

S1-LEG2はホワイトホースが決め手ですね。それ以外はお互い低調な展開だったかな。

S1-LEG3、濱田が後攻から4連続HATでプレッシャーを掛ける!しかしトライまで行くも上がれず負けるという悔しい展開…。これはset2に響くかも。

S2-LEG1、始まってみればそれほど影響なく濱田打てていますね。ひとまずは良かった。ただ133を上がれなかったのが痛いですね…83から2本で51を狙ったのもどうなのかな。同じT狙いなら33でいいと思うけど…ただどのみち上がれなかったのかな。ブレイクされてしまいました。

S2-LEG2、後がない濱田。後攻でもクリケットなのが幸い、という感じですが1本目を19Tの上につけてしまったせいで上手く入らず、オープンすらできないスタート。これのせいで19を閉めるだけでなく、加点されてしまったのが痛いです。それでも6本、7本とカバーするダーツを打った濱田ですが、相手のミスに漬け込みたいタイミングでむしろ1本というミスをしてしまい、返しでほぼゲームオーバー。

というわけで、杉山の初優勝!

 

Women’s Semi-Finals 岡田まゆみ vs 岩永美保

48f4f060160fa3a5a6cbd3139ef6a371

https://www.youtube.com/watch?v=im3bAQTquAg

基本的に女子は決勝だけなんですが、この美女対決は見なければ!( ・ㅂ・)و ̑̑ ということで岡田vs岩永から。

LEG1、岡田まゆみのフォームというかテイクバック、深すぎてちょっとビビってしまいました。なんであんなに引けるのかと思ったら、引く時に肘が上がっているんですね。これだと飛びは良くなりそうですが安定しなそうな気がしてしまう。勝負の方は岩永が素晴らしいダーツでブレイク!

LEG2も女子は501です。岩永が50残りを3本で上がれなかったスキをついて、岡田がブレイクバック!17残りでちゃんとバースト狙いで19打つ岩永も偉いですね。自分だったらテンパって1狙ってアレンジしそう…。

LEG3はチョイス、岩永はクリケットを選択。しかし1本-3本じゃ決勝の場では厳しかったですね。挽回を目指すも、ノッてしまった岡田を止められず、決勝に駒を進めたのは岡田!

 

Women’s Final 宮本奈実 vs 岡田まゆみ

eb6a35ff1801866fbb98b5c5d9956a0f

https://www.youtube.com/watch?v=50Vlh6WIaUY

決勝はもっちこと宮本奈実と岡田。宮永は結婚し、出産も経験した後一線に戻ってきて今でも活躍を続けている素晴らしい選手。

LEG1、岡田の60残り2本なんですが、この当時の女子のレベルの場合、20Tからの2本トライと、10-Bはどっちが良いんでしょうね。

LEG2、同程度の打ち合いながらも先行で20が残り続けた宮本がじわじわ有利に。岡田は15でかなり粘ったのですが、15Rまでかかって、なんとか宮本のキープ。

LEG3もクリケット、序盤はいらず宮本に先行を許してしまうも、岡田もベッドをだすなどして逆転!しかしそれ以外がやはり入らず、宮本のブレイク!

 

第5戦 富山 感想

初期のパーフェクトは星野光正と岩永美保の独壇場…と勝手に思っていたのですが、意外にそうでもないですね!しかし今回活躍した選手の現在を見ると色々感慨深いですね。松本恵も結婚生活が落ち着いたらもっちのように復帰してほしいなあ~。