スポンサーリンク

今週のPERFECTの結果(2017年第10戦 横浜) 鈴木徹が雪辱を果たす

PERFECT 2017 第10戦 横浜

PERFECT2017 第10戦が2017年5月13日、パシフィコ横浜にて開催されました。PT200のトーナメントで、エントリー人数は男子474人、女子122人。

 

男子優勝 鈴木徹

男子決勝戦は鈴木徹vs大穂徳睦という組み合わせ。。なんと第8戦と同じように、どちらが優勝しても初優勝!鈴木は浅田を、大穂は知野を準決勝で打ち破り、堂々と決勝まで上がってきました。今年のPERFECTはニュースターが続々登場していますが、初優勝の栄冠をつかむのはどちらか。

鈴木選手といえば、第8戦での西谷譲二選手との決勝で、かなり乱れたダーツをしてしまい、悔し涙を流す場面が印象的でした。そしてその2戦後、早くも決勝の舞台へ駒を進め、プレッシャーを跳ね除けて堂々たるダーツを打てるか注目のしどころ。

対する大穂選手も、高校生からダーツをやっていおりかつては天才高校生と言われ…既にダーツ歴は10年を超えているのではないでしょうか?ダーツに対して離れる時期も多かった大穂選手ですが、今年は真面目にダーツをするとT-BTVで宣言した通り、強豪を破り続け決勝まで進みました。

強豪プロを倒して上がってきた二人だけに、激しい撃ち合いになることが期待されましたが…決勝戦は鈴木が一方的なペースで試合を進め、なんと4タテのスピード決着。大穂選手は準決勝の知野選手とのフルレグに渡る死闘ですべてを出し切ってしまったのでしょうか。

なんにせよ前回の雪辱を果たせた鈴木徹選手!おめでとうございます!

 

鈴木徹 優勝インタビュー

メガネを外してイケメンぷりをアピールしながらのインタビュー(笑)。女子決勝がこの後に控えていたためにあまり長いインタビューではありませんでしたが、両親への報告ができて嬉しいということなどを語ってくれました。「これからももっと良いダーツをするんでよろしくお願いします!」と最後の一言。

 

鈴木徹選手の使用バレル

鈴木選手のバレルはモンスターレイピア4MG。村松治樹選手が所属時に使用していたものですね。

商品リンクでは一般的な2BAのものを掲載しましたが、鈴木選手が使っているものはNo.5モデルということです。
>>エスダーツ<<

男子ポイントランキング

今回のPT200優勝により、鈴木徹選手が一気に7位から3位へ駆け上がりました。2強だったポイントレースに待ったをかけることになるのか。特に鈴木選手はかなり安定して上の順位に残っているので、今後優勝を重ねることができれば、大番狂わせもあるかもしれません。

 

女子優勝 佐藤かす美

女子の決勝は前回と全く同じ、佐藤かす美vs大城明香利。大城のリベンジなるかという試合でした。しかしここに来るまでに佐藤選手は大内選手、高木選手を立て続けに3タテで下すなど、調子はまさに絶好調。今年ブレイクした新星に大城が元女王の意地を見せられるのか…。

 

しかし試合はかなり佐藤選手の優位に進み、大城は意地のブレイクバックをLEG3で見せるも、LEG4で2度めの佐藤のブレイクにより、3-1!佐藤がきっちりとスキルの差を見せつけたという形となった。

 

佐藤かす美 優勝者インタビュー

開会式でスベった小芝居についてトーク(笑)。しかしだんだん優勝に慣れてきて、佐藤選手は1位としての貫禄が出てきた感じですね~。メンタルも強くなって来ているんではないかと思います。去年の最終戦ですかね、来年は佐藤かす美を推し!と管理人は宣言しましたが、まさに快進撃を続けてきてくれてうれしいですね。

佐藤かす美選手の使用バレル

D.CRAFTの「マタドール」。5~6,000円と、値段的にかなりお求めやすいです。

>>TiTO Web本店<<

>>ダーツハイブ<<

>>エスダーツ<<

女子ポイントランキング

佐藤選手が頭一つ抜け出しましたね。とはいえ2~5位もかなり近いので、優勝一、二発でひっくり返る可能性がある差ですから、まだまだわかりません。去年の高木選手の序盤快走からの後半での苦しみのような展開が巻き起こるのでしょうか。

 

佐藤かす美選手のスタッツ

今回、改めて佐藤選手のスタッツを見てみましたが…38.08-4.69というスタッツなんですね。これは凄まじいです。なんせ、2016年の最終的なスタッツランキングが大城明香利の35.36-4.17です。701の3、クリケットの0.5というのはこのレベルではかなり大きな差であるというのはある程度ダーツをやっていれば実感できると思います(絶対女王であった頃の松本恵選手でも、36-4.5くらいです)。そしてこれに引きずられる形なのか、2位のスタッツも36.85(濱田緒里恵)-4.30(大城明香利)と上がっています。佐藤選手がPERFECT女子のレベルを牽引しているといえるでしょう。是非女子もセパ501になるくらい、どんどんレベルが高くなっていって欲しいものですね。

(そろそろ佐藤選手や鈴木選手のプレイヤー名鑑も書かなきゃな~)