スポンサーリンク

今週のPERFECTの結果(2017年第9戦 福岡) 浅田斉吾復活!

PERFECT 2017 第9戦 福岡

PERFECT2017 第9戦が2017年5月5日、福岡国際ドームにて開催されました。PT200のトーナメントで、エントリー人数は男子223人、女子61人。

 

男子優勝者 浅田斉吾

男子決勝戦は浅田斉吾vs樋口雄也。ベテランの樋口選手が久々の決勝進出となりました。樋口といえば初優勝の2014年第2戦では奇しくも決勝の相手が同じ浅田選手。当時と違うのは浅田斉吾が絶対王者であったかどうかだが、その再現が期待された。しかしゲームは浅田が終始圧倒する展開を見せ、残念ながら4タテのスピード決着。最終LEGのクリケットは4Rで終了という圧巻のダーツでした。

 

浅田斉吾 優勝インタビュー

開幕三連勝のあとしばらくぶりの優勝ということもあり、嬉しさをにじませての登場。ここ2ヶ月、不調と言われていた原因は、グリップの改造を試みていたとのこと。薬指と中指の位置を変え、薬指を使って投げるのをやめ、腕で持っていく、という投げ方に変更しているようです。フィル・テイラーのグリップを参考にしたということで、「フィル・テイラーの真似をすれば間違いないです(笑)」と、半分冗談、半分本気というようなコメント。

 

浅田斉吾選手の使用バレル

Lopez4のプロトも出来上がっているようですが、現時点ではLopez3のはず。

>>Amazon<<

>>TiTO Web本店<<

>>ダーツハイブ<<

>>エスダーツ<<

男子ポイントラインキング

浅田が1位をキープしていますが、まだまだ知野もわからない。というか1位2位とその下が開きすぎですね。とはいえ谷内も好調をキープしているので、これからの中盤戦で這い上がってくる可能性も十分にあるでしょう。また、今回の決勝進出で樋口が10位へランクイン。個人的にファンなので頑張って欲しい。

 

女子優勝者 佐藤かす美

女子の決勝戦は佐藤かす美vs大城明香利。ランキング上位同士の好カードです。LEG2のクリケットが、佐藤が20&19を持ちつつ大城が得点をリードしていくという面白い展開。しかし最後は迫りくる大城を9マークで突き放し決着。そして勝負はキープで回っていき、最終LEGへ。20と19など、根比べのような打ち合いの展開から集中力を切らした大城がミス。そこを佐藤がT2本にブルときっちりとリーチを掛けフィニッシュ!

 

佐藤かす美 優勝者インタビュー

今日の勝因は「諦めないこと」と佐藤選手。メンタルはまだまだ鍛えないと…とのことです。その後は結婚トークにもつれ込んでしまったためにダーツの話題はあまりありませんでした(^_^;)

でもたしかに今日は決勝だけでも、集中力を切らさないで粘って勝った試合という感じでしたね。これでランキングは単独トップ。今年のランキングレースを集中力きらさず走り続けてほしいです。

 

佐藤かす美選手の使用バレル

D.CRAFTの「マタドール」。5~6,000円と、値段的にかなりお求めやすいです。

>>Amazon<<

>>TiTO Web本店<<

>>ダーツハイブ<<

>>エスダーツ<<

女子ポイントランキング

佐藤と藤野の順位が入れ替わり、接戦を繰り広げています。そしてそこを高木・大城・大内が競りながら追いかける状態。いやー、去年あれだけ激戦を繰り広げた高木・大城ですが、その上に一人ニュースターが…というならまだしも、二人同時に新星が現れてくるとはびっくりですね。中盤戦これからどうなるか楽しみです。