観戦記-PERFECT

観戦記 PERFECT 2009 第2戦 広島

投稿日:

観戦記 PERFECT 2009 第2戦 広島

2009年の第2戦を見ていきたいと思います。気づいたのですが、この2009年の動画についている解説というのは後撮りなんですね。今では当たり前のようにストリーミング放送というのが愛あり前のようにできるようになっているので、懐かしさを感じてしまいますね。技術の進歩は素晴らしい。

※全部見るのは大変なので、解説付きの試合を中心にピックアップしています。

Men's Semi-Finals 高橋秀一 v 沖山祐一

https://www.youtube.com/watch?v=3V4_KXUTKi0

再び準決勝まで上がってきた沖山と、前年度から好調の高橋。Pでは初顔合わせということになるのでしょうか。楽しみなカードです。

LEG1、互いに一発目のトライがミス。沖山はブルを使ったアレンジをきっちりに対し、高橋は少しアレンジが止まる場面も見受けられました。が、先に上がった者が勝利ということで高橋のブレイク。

LEG2、高橋はスタートでホワイトホース狙いから攻めのダーツ。沖山はその変則的な攻めを冷静に返していくが、高橋も攻め続ける。17と18の打ち合いから先に抜け出したのは高橋。

LEG3、ブレイクからのキープでリーチ。LEG4に先行があるので余裕のある高橋が精神的には楽か。後がない沖山は180からの好スタート。それに対し高橋も19ベッド!素晴らしい入りです。

そして高橋は7マーク、5マークと果敢に攻めていく。20エリアが生きている間に突き放したい沖山でしたが、シングルに3本が痛かった。それでも小さいリードを保った沖山だが、高橋の9マークが決定的。沖山は9マークで返さなければいけない状況で3本目が僅かにシングル…。

最後も攻めのブル締めで、高橋が2ブレイクの3タテ勝利!

 

Men's Semi-Finals 山田勇樹 v 藤井雅之

https://www.youtube.com/watch?v=rwo1O-LjsEs

眼光鋭い藤井が初の準決勝進出。星野を破って駒を進め好調だがどうなるか。

LEG1、藤井がTON80で走りつつ38残を一発で決めてキープ。

LEG2、山田の2マークスタートのミスに付け込めなかったのは痛い。それでも山田も攻めきれず、互いに微差でトライを決めるシーソーゲーム。この攻防は17-16で藤井が根負けし、後は一瞬でエリアを締めた山田がキープ。

LEG3、藤井が20-19,17の攻防を制し序盤は優勢。しかし20Tがいまいち合わない藤井に、山田が淡々とマークを積み重ねついには18で形勢逆転。しかしその返し、9マークで藤井が逆転!

まさにビッグラウンド!…と思ったら更に山田が9マークを返すという劇的な展開。ここで藤井の心が折れる音が聞こえたか…?

LEG4、いや、折れていなかった藤井、140からの好スタート。そして126の先トライまでたどり着く。しかし、186からの削りも含め、アレンジでリズムを崩し残念。

というか解説を聞いていると、T-Bはやはりアレンジもかなり知識がありますね。ただ試合の結果としては山田が上がれずということもあり、藤井がブレイクして、なんとか最終LEGにたどり着きました。

LEG5、藤井のコークが大きく外れ、山田先行。そして先行で180スタート!そして藤井は返しが26と、ここですでにゲームの大勢決した感があります。サクッと12ダーツで山田が勝利。藤井の初決勝ならず…。

 

Men's Final 山田勇樹 v 高橋秀一

https://www.youtube.com/watch?v=avOrrTEPMtk

山田vs高橋という前年度ランカー同士の順当な組み合わせの決勝です。2009年の初優勝を先にするのはどちらとなるか?

S1-LEG1、山田のダーツがかなりブレているのが少し気になります。後攻ゲームで差をつけられてしまったので、勝ち負けよりもここをどうやって次のLEGまでに調整するか?というところでしょうか。ゲームは高橋がキープし、山田も最後のラウンドでだいぶダーツをまとめられた感。

S1-LEG2、山田が先行のリードを確実に守っていく展開。高橋もいいダーツだが、ギリギリで追いつけない。それでも最後まで攻めた高橋も素晴らしかった。

S1-LEG3、高橋が堅実に削るのに対し山田がいまいち。精神的余裕を持って逃げ切りキープで、高橋のセット取得。

S2-LEG1、前LEGの01とうって変わって山田が12ダーツのインブルトライ。外してしまうも、次LEGで問題なく上がり。

S2-LEG2、山田のダーツがすごすぎる。後攻からでも7-9-7-7と打たれてはさすがの高橋も辛い…。山田のブレイクでセット取得。

S3-LEG1、9マークでの山田の逆転が素晴らしかったが、その後の2マークはもったいない。そこで勝負を決めきれなかったゆえにシーソーゲームとなり、ギリギリで高橋がキープに持ち込む。

S3-LEG2、先行の山田が7-9-7。ほぼこの時点でゲームセット。勝負は最終LEGへ…。

S3-LEG3、コークで負けた高橋のチョイスはなんと501!山田のクリケットが今日は入りすぎていましたからね~…。しかし、そこで山田が…

これをやってのけてしまう、というのがダーツの難しい所…。

そしてこれを上がれないのも、また、ね。

とはいえここからの差は覆せず、山田の優勝!

 

Women's Final 宮本奈実 v 岩永美保

https://www.youtube.com/watch?v=L8HWU4pgyxk

2007&2008年の1位2位、宿命の対決!開幕戦は準決勝でのカードでしたが、今回は決勝。

LEG1、両者HATからの好スタートで、そこからの削りもハイレベル。2007年から見ていると、この女子のレベルの向上というのも感慨深いですね~。岩永が93残からの57-36をビシっと決めて素晴らしいキープ。

LEG2、前半、クリケットになるとやはり女子はまだ少しムラがある、という感じはしてしまうかな。これだけブルに入れられるにも関わらず、トリプルがこう外れるというのは、やっぱりトリプルの面積の狭さというのを実感しますね…。

しかしこのゲームは後半が見どころ。宮本の追い上げと岩永の突き放しが凄まじい。ただ序盤で築いた優位を持って、岩永がブレイクでリーチ!

LEG3、宮本が男子顔負けの鬼のような攻め。LEG2をまったくやり返したような展開で、見事ブレイクしてゲームがわからなくなりました。

LEG4、両者クリケットからの切り替えが上手く行かなかったようで序盤は低調。しかし宮本が先に覚醒し、HAT3連発からの104を2本でアウト!勝負は最終LEGへ。今回は男子も女子も見応えがある試合だなあ…。

LEG5、コークは岩永が大きく外してしまう。ゲームチョイスはクリケットです。宮本が2マークスタート。このチャンスを生かさねば厳しい岩永ですが、エリア取得まで。しかし宮本が連続の2マークで先後が逆転のような形。ところが返しの岩永もなんと2マーク…。

おそらく二人ともかなり緊張で固くなっているのでしょう…。そして前LEGと同じく、先に覚醒したのは宮本!低調な展開にに7マークで楔を打ち、一気にゲームを持っていきます。対する岩永はそのまま目覚めることが出来ず…。

直対を2連勝し、宮本の今期初優勝!

PERFECT 2009 第2戦 広島 感想

今回はやはり山田の9ダーツ未遂。これに尽きるでしょう。

そしてさらにそこからがまたあの試合は面白かった。次Rで山田がバーストし、折れずに削って行った高橋が上がり目を出してプレッシャーを掛けていく。あわや9ダーツトライからの逆転負けという事になりかねなかったので、実はあの5R目もかなりのプレッシャーではなかったんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-観戦記-PERFECT
-,

Copyright© 家ダーツ.com , 2017 AllRights Reserved.