スポンサーリンク

観戦記 PERFECT 2009 第1戦(開幕戦) 千葉

観戦記 PERFECT 2009 第1戦(開幕戦) 千葉

年が変わりPERFECTも3年目。この年から我々には馴染み深い、501セパブル時代に突入していきます。ハードダーツと同じルールということで、アレンジの重要性など、見どころが更に増える感じで楽しみです。また、この年から動画に解説を付けているので、解説次が好きな自分はうれしいですね~。

※全部見るのは大変なので、解説付きの試合を中心にピックアップしています。

Men’s Semi-Finals 山田勇樹 v 沖山祐一

https://www.youtube.com/watch?v=zIpUi_L_NTI

さて、この年から参戦のオッキーこと沖山。キャリアは長いですが、PERFECTは2009から。

最近はあまり目立っていませんがどうなんでしょうね。

LEG1、山田の削りが圧倒的。12ダーツアウトは圧巻の一言。

LEG2、沖山がプッシュクローズを決めながら優位に進めますが、山田の17BEDから潮目が変わる。3マークとゆるい責めの返しに9マークでビッグラウンド!その勢いのままブレイク。

LEG3、互いに無難な出来という感じ。沖山の16BEDは光ったが、そうなると返しも入るのがダーツというもの。ホワイトホースで見事に反撃を封じ込め、キープで良い山田が堅実に勝利。

 

Men’s Semi-Finals 宇都格 v 星野光正

https://www.youtube.com/watch?v=nRxz7yODeA4

プロ野球の世界からやってきた大型新人、宇都vsダーツ界の王者星野!風雲を巻き起こすのか?

LEG1、星野が相手ということもあり少し固く見える宇都だが、対する星野もいまいち乗れていない。それでもトライは先だったものの、56からのアレンジにミスしてしまい、1本のトライを外す。その気を逃さなかった宇都がブレイク!

LEG2、宇都が180の最高のスタート!しかしそこからがいまいちパッとせず、4Rかけて星野に逆転を許してしまう。
そしてトドメの17-15-17の9マーク!星野がブレイクバックでイーブンとなりました。

LEG3は星野が好スタート。それに対し宇都が3マークと、この時点でかなり不利ではないかというところから。そして星野がかなりの優勢でゲームを勧めていたのですが、なんと一瞬のスキを突いて宇都が16-20-16の先締め9マーク!これに動揺したのか星野が返せず、宇都が逆転からの逃げ切り!

LEG4、キープで勝利の宇都。前年まではファットブルということもあり、星野のゼロワンは後攻でもかなりのプレッシャーとなりブレイクしていたのですが、セパになって
そこまでの圧力は感じない気がします。とくにアレンジ近辺で悩むことがありリズムが崩れるのも痛い。このゲームも121を51から行ってしまい、上がれず…。返しで宇都が勝利し、決勝進出!

 

Men’s Final 宇都格 v 山田勇樹

https://www.youtube.com/watch?v=vCsr7rVsces

さあ、星野を倒し決勝に勝ち上がってきた宇都に立ちはだかるは星野のライバル山田!この二人を打ち倒しての優勝なら凄いことだが、どうなるか?

S1-LEG1、山田は20Tがびっちり合っている感じを受けますがうとも横ずれをせずに食らいついています。アレンジもちゃんと勉強しているようで、61の2本で止まらず投げています。14Dでは上がれなかったものの、次のラウンドでフィニッシュ。

S1-LEG2、立ち上がりイマイチと思った宇都だが、逆転される前に7マーク、9マークと素晴らしいダーツ。山田はT-Bの解説の通り、クリケですこしズレが見られる感じで、逆転が厳しい状態。HATで僅かな抵抗を見せるも、そこまで

S1-LEG3、キープしたい山田、やはり20Tはバチバチ合っているぞとの180スタート。途中躓くところもあったものの、宇都が詰めきれないこともありトライさせずにキープし、セット取得。

S2-LEG1、宇都が開幕26で山田には絶好のチャンス。ところが、ここにきて山田のダーツが散らばり差を縮められず、逃げ切られてしまう。

S2-LEG2は両者好スタートだったが、宇都のダーツが冴える。野球の舞台を踏んでいるだけあって、プレッシャーにたいする対処が早いのか?しかし山田もここで折れる男ではなく、8マークで逆転!そしてここから激しい打ち合いが始まり、制したのは山田。

S2-LEG3、ブレイクが必要な山田だが、TON80にTON80を返す宇都の強いダーツを覆すことができず。勝負は最終セットへ。

S3-LEG1、開幕、なんと宇都が2Rでホワイトホース!ほんとに宇都はテンポよく投げていますね。ゾーンに入っているとでも言うか。このゲームはほぼ完封勝利でした。

S3-LEG2、山田が今度はホワイトホースをやり返し!決勝にふさわしい試合だと思います。しかし粘る宇都がなんとフェニックスアイ!さっきの山田がインブル2本で外しているだけに意地の張り合いという感じ…。ただそれでは大勢は覆せず、最終LEGへ!

S3-LEG3、泣いても笑っても最終LEG!コークは宇都がなんとブルを外し、山田先行。ところがこのスタートを山田が2マーク…。ゾーンに入っている宇都がこれを逃さない。そしてコレ!

いや~、開幕戦からレベル高すぎで素晴らしい!
これに対し山田は反撃らしい反撃ができず。どんどんエリアを埋められてしまい…完璧な宇都の優勝!

 

Women’s Final 對馬裕佳子 v 宮本奈実

https://www.youtube.com/watch?v=bWllhkietW0

岩永が準決勝で宮本に破れ、新鋭對馬と2年連続2位、宮本の激突!

LEG1、對馬はサウスポー、そしてテイクバック浅めで飛びがかなり鋭いですね~。削りも早く、先に116でトライ。しかし互いにフィニッシュでつまづき持たれる展開でしたが、對馬がなんとかブレイク。

LEG2、對馬のつまづきに、宮本が的確に20Tを入れる。しかしそこからは對馬のゲーム。BEDが1回あったものの、あとはほぼ對馬有利のゲーム運び。

LEG3、この試合はお付き合いの連続という感じでいまいち…。あまり見どころはなく、對馬のブレイクで、對馬の初優勝!

 

PERFECT 2009 第1戦(開幕戦) 感想

この回はやはり黒船、宇都に尽きるでしょう。勝利ごインタビューではなんと、すべての大会を通してシングルスで初勝利とのこと。

その後のダーツ界を知っている我々はともかく、当時の人達はかなり危機感を感じたんではないでしょうか?

「ダーツの世界で勝った負けたやってるけど、元プロ野球選手が真面目にやったら余裕で一掃されちゃったじゃん」みたいになる可能性だってあったわけですからね…。