スポンサーリンク

観戦記 PERFECT 2008 第8戦 岡山

観戦記 PERFECT 2008 第8戦 岡山

星野不在の第7戦を終え、最終的なレースはどうなっていくのか。burn.後、星野が当時のブログでスランプを表明したという事件もあったようで、なにやら面白くなりそうかも…?

※全部見るのは大変なので、気になる試合だけピックアップしています。

Preliminary 山田勇樹 v 浅田剛司

https://www.youtube.com/watch?v=yeTkWMltT8c

まずは予選から。因縁のライバル浅田…の、兄と山田の試合を見ていきたいと思います。

LEG1、二人ともテンポプレイヤーなので展開が早い。ただ予選ということもあり、両者いまいち合ってないのかHATがなかなか出ませんね~。128で山田が上がれずでしたが浅田も168な難しい数字。

山田がブルアレンジしてフィニッシュ…とおもったら外れてしまいます。しかし浅田も同じくブルアレンジからを外したためなんとか山田勝利。

LEG2、また同じようにHATがなかなか出ない展開。しかしそこから一歩早く抜け出した山田と、逆にトンも出なくなってしまった浅田で命運が別れました。ミスは多かったものの、先後逆転から山田が先にフィニッシュにたどり着く。

 

Men’s Quarter-Finals 浅田斉吾 v 山田勇樹

https://www.youtube.com/watch?v=z_ChH4f4524

続いて今度も山田浅田。因縁のライバル対決です。この頃から浅田のセットアップが少しづつ変わってる感じですね。ピタッと止めずに遊びをもたせ、テイクバックがほとんどない感じ。

LEG1、浅田が先行からのブルパートライ!しかし山田も15ダーツリーチでプレッシャーを掛けます。しかしそのプレッシャーをはねのけてブルパー達成!流石ですね。

LEG2、山田先行のクリケットですが、2マークスタートに対し返しが3マークと救われた山田。そこからすかさず7マークできっちりカバーするのは流石です。ここで返しの浅田、痛恨のノーマーク!このスキを許す山田ではなく、そこから粘る浅田を押し切って勝利。

LEG3、浅田先行のクリケット。スタートこそ好調な浅田でしたが、そこからがいまいち合わない。それに対し山田は6マーク、9マーク、7マークとほぼ完封と言っていい勝利でブレイク!

LEG4、こうなるとかなり有利な山田。しかし、2Rでノーブルを出してしまい、割とピンチな状況に。しかしそこから浅田もHATをだせず、ギリギリで山田がリードして先トライ。しかし155vs104から上がれず…

浅田がブレイクか?と思いましたが、ブルを外しアレンジを外しで、結局山田が無事にキープ。接戦を制したのは山田!

 

Men’s Final 高橋秀一 v 山田勇樹

https://www.youtube.com/watch?v=m2wTDhn8YOk

それでは決勝戦。以前も観戦記に登場した高橋プロ。現在はプロ活動休止中っぽいですね。星野がスランプ中(当時ブログで明言した)の中、山田が2勝目を上げて追いつけるか、伏兵高橋が勝利するか。個人的にはここでは山田が優勝してレースを面白くしてほしいものです。

S1-LEG1、高橋はためらいのないダーツと言う感じですね。腕のふりも素晴らしく、HAT量産。そして山田を置いてきぼりにするブルパートライからの…フィニッシュ!ならず!も、15ダーツできっちり上がり、好調に先取です。

S1-LEG2、好調なスタートをしたものの続かない山田。そのスキを鋭く狙い、微差ですが高橋が先後逆転に持ち込みます。

それでも18BED、6マークで追いつく山田でしたか、高橋も高マークで追いつかせません。このセットでは高橋が2マーク必要なところをダブルで閉めるというのが3回もあり、狙えていると言う感じですね~。山田のブル粘りもかなりのものでしたが、高橋の割り切ったプッシュに4回目で心折れ、高橋がキープセット取得!

S2-LEG1、今度は逆に山田が高橋を置き去りに。それでもきわどい数字でしたが、問題なく18ダーツフィニッシュ。

S2-LEG2、クリケットで好調な高橋に山田が押されている感じ。高橋はなんと2連続ホワイトホースで、4ラウンドアウト未遂。素晴らしいダーツです。

S2-LEG3、高橋がブレイクすれば優勝。しかしゼロワンでは厳しい気もするがどうでしょうか。高橋はすこし力が入ったかワンブルからのロートンとイマイチ。そこを山田が突き放します。そして第1ゲームをやり返す形で…

決めた!これで勝負は最終セットへもつれ込みました。

S3-LEG1、コークは高橋が取り、クリケットセッション先行。今日の高橋はとにかくトリプル制度が高い。それに対して山田は横ずれが目立っていますね。

このゲームも速攻フィニッシュかと思われましたが、一瞬のスキをつかれて逆転。ここぞというところの山田は強い…が、ここでなんと山田、痛恨の1マーク…。再び高橋がまくり、キープ。

S3-LEG2、先ほどのラストに山田は動揺したのか3マークスタート。しかしそのチャンスに高橋も2マークスタートで活かすことが出来ません。2Rも高橋のダーツはかなりブレていて、緊張が伝わってきます。

それでも両者緊張の中泥仕合という形にもつれ込み、ギリギリの攻防。

そこをわずか「1点」のハナ差で制したのは…高橋!

 

Women’s Final 岩永美保 v 石原瑞穂

https://www.youtube.com/watch?v=kLnPuXCfvd8

女子は決勝だけ見ていきましょう。なんと今回も岩永が残り。独走態勢は揺るぎないですね。

LEG1、HATスタートの岩永に対し石原はダーツがバラバラ。やはり場馴れというか、経験の差があるか…。圧倒的な差を見せつけ、岩永がまずキープ。

LEG2、クリケットでも岩永は地力の差を見せつけます。石原が3マークキープに対し、岩永は5マークキープのペースで打っていくため、徐々に先後の差が詰まる。

それでもやはりクリケットでは岩永にもミスは多く、石原リードで試合は進みます。が、16のプッシュで岩永が鋭さをみせ、微差ですがついに逆転!王手をかけます。

LEG3、前ゲームでも地力の差が見えたクリケット。そして今度は岩永が先行となると、流石に有利。積極的に攻めていく岩永の前に石原はどんどんエリアを追い詰められます。

得点でオーバーするところまではなんとか抵抗を見せるのですが、20と18を持つ岩永に対し、
16で反撃するのは厳しい。最終的には息切れしたところを仕留められた形となり、15の6マークで最後の抵抗を見せるも、そこまで。岩永が今季6回目の優勝!

 

PERFECT 2008 第8戦 岡山 感想

男子は山田が勝てばランキング争いが面白くなるか?と言うところでしたが、高橋が素晴らしいダーツでそれに待ったをかけました。クリケットでダブルを積極的に狙い、決めるところはかっこよかったですね~…

そして女子はまたもや岩永。8戦して6優勝とはとんでもないの一言です。なんとかして他の選手が1回でも優勝して欲しい、という位になってきました…。