スポンサーリンク

観戦記 PERFECT 2008 第7戦 大阪

観戦記 PERFECT 2008 第7戦 大阪

さて2008年も後半戦スタートです。今回は実は、星野光正がburn.2008に出場するために不在。このチャンスに誰が優勝をモノにするか?期待です。

※全部見るのは大変なので、気になる試合だけピックアップしています。

Preliminary 宮平誠 v 福永正和

https://www.youtube.com/watch?v=KzOi6KcGwt8

まずは予選からアフロvsT-Bという面白そうなカードがあったので…

って、宮原めっちゃ痩せてますね、びっくりした!病気でもしたのかなってくらいで、最初は本人と思わず調べてしまいましたが、激ヤセみたいな情報もネットであったので本人でしょう…

LEG1、T-Bがかなり好調なスタートでしたが、後半にミスが重なりテンパイは難しめの154。これを6本でアウト出来ず、宮原にブレイクを許してしまいます。

LEG2はブレイクしてゆとりを持てた宮原が安定の削りをみせ、圧勝。なんだか試合見る度にT-B負けてますね…悪意はないのですが。

 

Men’s Round 2 前谷芳宏 v 松元大奉

https://www.youtube.com/watch?v=Ws0uirBweNc

次は前谷vsDAIの良いカードがあったのでこれも見ていきましょう。

LEG1、前谷はいつも通り飄々とブルで削り続け、松元が追う展開。しかしどうも、松元は3本目が大きく外れてしまうことが多くなってしまっているようですね…。はずした後戻る際に腕の振りを確認する仕草も見せているので、不調なのかな…という感じ。

LEG2、トリプルに入らない松元に対し前谷はすぐに先後逆転し、堅実に18までクローズ。それでも17の7マーク、16の7マークからの逆転を試みる松元ですが、前田のプッシュも緩まず、なかなかトライまで持っていけない。そのうち数字も追い詰められ、真綿で首を絞めるように前谷がブレイク。

LEG3、リーチしてからの先行クリケット。先ほどの結果からも前谷がかなり有利そう。実際スタートしてみると序盤にそれほど差はない感じですが、先後の差をつめるには足りないのと、どうも一貫して松元は3本目が良くない。フォームを観察すると、どうもそれを意識してか、3本目だけ力が入っているというか反動を使っている感じになってしまっているんですよね。
それが余計にブレを産んでいるのでしょうか?

ともかく、最終的には9マークを決めるなどして、前谷の圧勝。

 

Men’s Final 菅原雄太 v 齋藤晃

https://www.youtube.com/watch?v=SosMi2vwB74

さてそれでは一気にとんで、決勝です。クラーセンと決勝で戦った菅原と、星野と決勝で戦った斎藤。どちらが初優勝なるか?ですね。

S1-LEG1、ふたりとも立ち上がりから問題なくHAT、TONを連発。得点的にもほぼ同点。337から斎藤がハイトン狙いで177トライを出しに行ったのですが残念ながら失敗。これが出れば
もう少し面白かったかな。菅原のキープゲーム。

S1-LEG2、斎藤の猛攻に対し菅原も17ベッドでの応酬。しかしとにかく斎藤が最後まで止まらずで、駆け抜けてキープ。

S1-LEG3、再び菅原が先行に戻り701。LEG1と同じように両者とも好調な削りで、それだけに先行がどうしても有利。ただ菅原のトライが129と微妙な数字なので斎藤にもチャンスが有ったのですが、これをきっちり菅原が上がりキープセット。

 

ふたりとも決勝を楽しんでいるという表情が素晴らしい。

S2-LEG1、今度は斎藤がリードするセット。ですが自分のセットをキープした余裕からか、菅原のほうがだいぶのびのびと投げている気がしますね。そして両者5Rトライでしたがどちらもアウト出来ず。そして6R、7R、さらに8Rでも斎藤がアウト出来ず、絶体絶命…正直6Rでも7Rでも菅原はプレッシャーがなければ上がれる数字だったので、もらえたチャンスを活かしきれず、残念。

S2-LEG2はこれで菅原がリーチ。優勝がかかっていても菅原は堅実に5マーク、5マークと勝利に近づいていきます。しかしこのゲームは斎藤が吹っ切れたのかいいゲームが出来ていました。トライを積極的に狙い、ついには17-17-20で逆転。そこから怒涛のまくり。それでもいざブル1マークを締めて終わりの場面になると…

こうなるのだからダーツというものはまさにメンタルゲームであることがわかりますね…

それでもなんとか斎藤が勝利を手にし、再びキープへつなぐ。

S2-LEG3、ここをキープしてS3に持ち込まなければならない斎藤。スタートこそミスからでしたが、あとは問題なし。ただ114の残1本で19Tを決めたのがよくわからなかったですね…ほとんどリターンがない攻め方のような?トリプル狙うにしても18Tじゃないかと思うのですが…。ただ、問題なくアウトして斎藤のキープセット。

S3-LEG1

久々にもつれにもつれている決勝戦。最終セットはどのような展開になるのでしょうか。スタートは斎藤の7マークから。一つ前のクリケットの好調を維持できれば斎藤が有利そうです。

対する菅原は2マーク、3マーク、1マークと厳しい展開。ただ斎藤もノーマークがあるなど、速攻で終わる展開にはなりませんでした。やはりどちらもかなりの緊張があるのでしょうね。それでもふたりともすぐに立て直し打ち合いに。ただ序盤についたリードはどうしょうもなく、斎藤のキープが目前。

ところが、ブルで斎藤が見せた一瞬のスキを突いて、菅原がブルまくりからなんと8マークで一気に逆転!どう考えても斎藤の勝ちと思っていたので見ていて驚きました…

S3-LEG2

勢いづいた菅原は逆王手の状態で先行。こうなると斎藤は精神的にもかなりキツい。一方的なゲームになるか?と思われましたが、これが壮絶な打ち合いとなる好ゲーム。ふたりとも決勝にまで来るだけあり、きっちり決めるところは決めてくれますね!

ただこうなるとやはりクリケットの先行の有利さもあり、よほどいいダーツが打てないと後攻の斎藤は厳しい。結果としてLEG1での大逆転からそのまま菅原が逃げ切り、初優勝です!

 

Women’s Final 岩永美保 v 宮本奈実

https://www.youtube.com/watch?v=LrGyqGRKioI

さて女子は決勝だけチェック。ということでMIHOvsもっちの定番のカード。

LEG1、いきなりですが岩永が強い…パーフェクトトライはならずも、3HAT1TONで15ダーツトライ。上がりきることはできませんでしたが、きっちり50アレンジを見せ、宮本に上がり目すら出させず勝利。

LEG2はクリケ。クリケットになるとこの頃の女子は岩永でもいまいち入らないのが不思議。序盤宮本がもたつきましたが、岩永が突き放せないでいるうちに宮本が8マークのビッグラウンド。そのリードは覆ることはなく、宮本が堅実にキープ。

LEG3は岩永先行のクリケ。今度はきっちり7マークから快調にスタートし、宮本も7マーク返し。これは打ち合いになるな…と思ったらなんと岩永は次をノーマーク。なかなかスピード決着とは行かない女子のクリケです。

それでも岩永の20-19-20の9マークに18を7マークと返す熱い展開が続き、徐々にお互いヒートアップしていきます。後半では男子顔負けのトリプル合戦になり、20エリアを持ち続けた岩永が逃げ切り。両者フルスタッツで5点台の素晴らしい試合でした。

LEG4、再び701に戻ります。岩永はこの得意のゼロワンでブレイクすればいいという状況ですが、R1を珍しく0ブル、1ブルと良くない展開。対して宮本は順調に削っていき、そのまま勝利。これでわからなくなりました。

LEG5、岩永との決勝でフルレグになるのは珍しいですね。やはり宮本もすごい。コークはアゲインからの再び両者ブルで、岩永が勝利。ゲーム選択はクリケットとなりました。まずは岩永のスタートミスにつけ込む宮本の20奪取からですが、ここは9マークしたかったですね~。それでもこれでだいぶ後攻の不利が緩和されました。

岩永もそこで折れるようなプレイヤーではなく、すかさず19でオーバーし、20を閉め。少しのオーバーでこうなりやすいのがはやり後攻不利なゲームの宿命…。ここから再度逆転できれば面白いのですが、やはりなかなか難しい最後は岩永が余裕を持ってブルを閉め、男子の星野と同様の3連覇記録達成!

 

PERFECT2008 第7戦 大阪 感想

男子は星野不在ということで誰が来るかと思ったら、かなりの混戦となったようで、どちらが勝っても初優勝の組み合わせに。お互い良いダーツを見せてくれてとても楽しかったですね。気になるのは山田ですが、予選にも全く動画もないので、山田もburnだったのかな?ちょっと今からだとその辺の事情がわかりづらいですね…。

女子はなんと岩永の4連覇。岩永は強いが宮本も食い下がりましたよね。ただやはりゼロワンを見ていると、頭一つ抜けているとしか言えない状況。あとはほんと、今回はクリケットのレベルも高くて見どころがありました。