スポンサーリンク

今週のJAPANの結果(2016年最終戦 千葉)

 

JAPAN 2016年 最終戦 千葉

2/25日に行われた最終戦・千葉で、2016年度のJAPANが閉幕しました。

優勝者はSTAGE17と同じ粕谷プロ・鈴木プロ。年間チャンピオンは鈴木猛大プロ・鈴木未来プロということでいいのかな。

管理人は出先だったのでスマホからしか見れず、画面キャプチャなどは無くて申し訳ないのですが、面白かったカードだけ簡単にご紹介します。JAPANDARTS.TVにアップされたらぜひ見てください。

しかしJAPANはPERFECTと比べて結果速報記事や動画のアップが遅いのがかなり残念ですね…優勝なら年間チャンピオンの野毛の準決勝も放送しないし、なんだか、運営に関してはまだまだ経験豊富なPERFECTに出遅れている気がします。2017年には期待。

 

入替戦 赤間弘太郎 vs 鈴木猛大

ノースポンサーで入替戦まで上がってきた赤間選手。地力の差はかなりあるとは思いますが、鈴木選手がかなり合っていなかったこともあり、勝負は最終LEGまでもつれる接戦。ついつい電車内にも関わらず声が出てしまいました。ノースポンサーでここまで上がってくるのは、我々のようなプロなりたてみたいな人は自分を投影して手に汗握って応援したんじゃないでしょうか。

 

準決勝 大和久 明彦 vs 中村 俊太郎

この試合は今大会ベストマッチに近いかも。特にLEG2のクリケットは必見です。平場のスタッツは日本トップクラスじゃないか?というレベルの大和久選手、来年こそ優勝して欲しいところです!

 

決勝 粕谷 晋 vs 勝見 翔

選手による解説でも言っていましたが、「ゾーン」に入ったというか、ものすごく集中できているこの状態の粕谷選手は凄まじいですね。このダーツが打てればセイゴロボも倒せるだろう、という、最終戦の決勝にふさわしい異次元ダーツでした。