ダーツライブ200S

【連載第3回】ダーツライブ200S導入記~本番!ダーツボードスタンドの組み立て!~

投稿日:2016年10月20日 更新日:

第3回 いよいよ本番!ダーツボードスタンドの組み立て!

前回は部屋の掃除を行い、ダーツスペースを確保しました。そして今回は、ついに設置本番ということで、まずはダーツ(ボード)スタンドを組み立てていくことにします。

ダーツスタンドは色々なものがありますが、今回僕が選んだのは、定評のある「BLITZER(ブリッツァー) ダーツスタンド 」です。

 

 

僕の場合のように買うダーツスタンドが決まっていればAmazonで買ってしまっても良いかもしれませんが、そうでなければ、200S公認ショップのダーツハイブでスタンドとボードのお得なセット販売もしているので、そちらを見てもいいかもしれませんね。
DARTSHiVeでダーツスタンドを見る

まずは部品を確認しよう

0031

さあ、ダーツスタンドが配達されたところからスタートです。なお、組み立て所要時間は60~90分くらいですが、結構体力のいる場面もあるので、女性一人ではちょっと大変で、もう少し時間がかかるかもしれないので注意です。

まずは段ボール箱の外箱を開けましょう。

005

中を開けると部品ごとに丁寧に梱包されています。マニュアルの部品リストを確認しながら、必要な部品を確認しましょう。

006

マニュアルを見てもわかると思いますが、基本的にはよくあるスチールラックの改造版みたいなものですので、特殊な工具も必要ありません。

 

支柱の組み立て~ラックのはめ込み

010

まずは支柱A、これは4本あります。

 

012

これにキャスターを付けましょう。ネジ式なので素手で楽ちん。

 

015

4本につけたら、設置場所においてみて完成イメージを確認してもいいかな。

 

016

続けてこのテーパーを支柱に付けます。内側の出っ張りと溝が合わさるようにして支柱をはさみます。なお、テーパーは内側に線のあるサイドが下側となるので注意。

 

018

とりあえずラックの下段は一番下にしました。

 

019

テーパーが着いたら上からラックを通すだけ。マニュアルではゴムハンマーでとありますが、実際には手で自重を使うだけでほぼ問題なくガッチリ組み上がります。逆に言えば、一度設置した後棚の高さを代えたい場合などはけっこう大変なので注意。

021

 

続いて同様にラックの2段めを設置。本など、ラックにおく物を実際においてみて高さを確認しても良いと思います。

022

僕はダーツの雑誌を置く予定なのでこのくらいかな。

 

024

さて再びテーパーが付いたら…

 

025

これで2段めも完成。

 

026

次は支柱CとDを、支柱Aの上に結合します。

 

028

これもネジ式なので素手で大丈夫。ただ、仕上げにはそれぞれの支柱を両手を使って持って、きっちりネジ止めをしましょう。

 

032

さらにこの後一番上のラックもはめこんで…

 

035

さあこれでちょっとダーツスタンドっぽくなってきました。

 

ダーツフォルダの設置

036

続いてダーツをおける「ダーツフォルダ」のためにテーパーを装着。

 

038

オシャレですね~

 

039

続いて再び後ろ側の支柱に更に支柱を結合します。

 

040

こうなるといよいよ完成が近くに見えますね。

 

バックボードの設置

いよいよバックボードの設置に入りますが、ここで重要なのは、この時点でいったん高さをはかることです。実はバックボードをこの支柱の一番上につけてしまうと、ダーツを設置するためのバックボードが少し高すぎてしまうのです。

 

041

ですので、ダーツボードの中心のブル部分が173cmの高さということを考え、出来る限りバックボードの中心もそれに合わせたい。そのためにまずは173cmの部分に、目印となるようにテープなどを付けておきましょう。

ちなみに今回計った結果、上から11番目の溝がおよそ173cmでしたので、そこにバックボードの中心が来るように考えます。

バックボードの中心が173cmに近くなるのはどこかといろいろ試し、中心テープをゼロとすると、上は5番目、下は7番目の溝にテーパーを設置するとちょうど良さそうでした。

 

052

しかし、ボードを設置するには上を通さなければいけないので、立てたままではかなり辛い。結局、ダーツスタンドをいったん横に寝かせました。

 

044

ここで気づきましたが、テーパーを一度に上下設置してもダメですね…。上のテーパーで止まってしまう。というわけで、下のテーパーだけ設置して通した後に上のテーパーも設置という面倒くさいことに。

 

054

難しいので膝の上でやりました。

さあ、これでバックボードが設置でしました。あとはダーツスタンドを立ててみます。

 

056

おおー!まさにって感じ。後はダーツボードを据え付けるだけですね!

というわけで次回、連載第4回「意外とカンタン?バックボードへダーツボードを設置」に続きたいと思います(*´∀`)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダーツライブ200S
-, ,

Copyright© 家ダーツ.com , 2017 AllRights Reserved.