ダーツTIPS・読み物 ダーツの基礎知識 ダーツグッズレビュー

「初心者向けダーツセット」はどれが本当におすすめなのか?比較しました!

投稿日:2017年1月30日 更新日:

ダーツ初心者はじめの一歩はマイダーツから

お店ではじめてダーツをやってみて、「ちょっと真面目にダーツをやってみようかな」「ダーツが上達したらかっこいいな」と思った皆さんがまず一番最初につまづくことが、「マイダーツの入手」です。なかなか専門ショップには行きづらいし、カウントアップ500点でもらえるなんてサービスも、500点行くということ自体が始めたばかりの初心者には難しい。

そんな中でオトクなのが、ダーツのネットショップで販売している各種「初心者セット」です。初心者向けに変なダーツを売りつけるんじゃないの…?なんて心配するかもしれないですが、そんな心配は無用(というか、そういうセットがあったら酷評します)。これらのショップも、まずは初心者にはダーツに興味を持ってもらい、ダーツにハマってもらって、後から色々なものを買うユーザーになってほしいという考えがあるので、初心者向けセットにはかなりの出血大サービスをしているのです。

そこで、今回は定評のあるネットショップの「エスダーツ」「ダーツハイブ」の初心者セットを比較しながら紹介していきます。ちなみにもう一つの大手ショップ「TiTO」さんは初心者セットが全部品切れ中なので今回は登場なし。

ちなみにAmazonでもこれらのセットを販売したりしていますが、ダーツショップのサイトから買うのがおすすめです。なぜならどのショップもたいてい新規会員登録で300円分のポイントが貰えるので、さらに格安でセットを揃えることができるからです。

 

セットを選ぶ前の注意「ブラス」と「タングステン」

実際のセットを見ていく前に一つ注意があります。それぞれのお店では、初心者セットとして「ブラスダーツ」と「タングステンダーツ」のセットを販売しています。これは多くの実店舗の初心者セットも同様だと思います。この2つは何が違うのでしょうか。

「ブラス(真鍮)」も「タングステン」も金属の名称で、ダーツを握る部分(バレル)の金属がこのどちらで出来ているかがこれらのダーツの違いになります。

ブラス(真鍮)は5円玉などに使われている金属で、タングステンのダーツが一般的になるまではほとんどのダーツがこれで作られていました。加工しやすく値段も安いため、初心者向けの格安セットは基本的にこのブラスダーツです。ハウスダーツなども普通はこのブラスダーツです。

タングステンは硬度が高く、重い金属です。今では一般的にこの金属がダーツに使われることが多くなっています。この2種類を比べると、ブラスは軽いため、ダーツの重さを出すためにどうしてもバレルは太く、長くなってしまいます。その代わり安く作れます。

書道の筆などで考えてもらえればわかりますが、一般的に手で細かいコントロールをするときには細いもののほうが細かい動きができますし、細く作れて硬いことにより、ダーツ同士がぶつかって削れていくことも少ないので、ダーツの素材としてはタングステンのほうが優れています。ですので、格安のブラスダーツセットを購入する場合はそこを理解しておく必要があります。

 

エスダーツ

エスダーツさんでは、初心者向けとして「ブラスダーツセット」と「タングステンダーツセット」を用意しています。それぞれ見ていきましょう。

 

ダーツ入門者向け9点999円セット

>>エスダーツ「ダーツ入門者向け9点セット」

まず目を引くのが、格安の初心者セット。9点999円ということですが、その中身を見ていきましょう。

ブラスダーツ「アクシズ」

セットダーツはエスダーツさんのオリジナルダーツ「アクシズ」です。ブラスダーツにも関わらず、タングステンダーツとそこまで変わらない形状なので、このダーツからタングステンのダーツへ移る場合もスムーズだと思います。

 

ティップ・シャフト・フライト

ティップは標準的なものが3+30の33本。これだけあれば10回以上は投げに行っても足りなくなることはありません。

シャフトはダーツに付属するショートサイズに加え、予備にインビトサイズが1セット付属。さらにはレビューを書けばミディアムサイズも1セット貰えるので、一通りの長さを試すことが出来ます。

フライトも定番の形のフライトが2セットに加え、商品レビューでティアドロップ型が貰えるので、しばらくこれで投げて遊ぶには十分ですね。

 

ダーツケース

ダーツケースも付属してきます。カラビナ(ベルトとかにつけるためのリング)がついたコンパクトなもので、オシャレとはいい難いですが、最小限のものとしては十分でしょう。カード収納ポケットもついているので、成績を記録するカードも一緒に収納できます。

>>エスダーツ「ダーツ入門者向け9点セット」

 

本格タングステンダーツ8点4990円セット

>>エスダーツ「本格タングステンダーツ8点セット」

エスダーツさんでもう一つ初心者向けセットとして売っているのがこのタングステンダーツセット。こちらも同様にセットの中身を見てみたいと思います。

 

タングステンダーツ「バスタード」

セットダーツはエスダーツさんオリジナルの「バスタード」。長さも標準的なもので、リングカットが複数ついているので、持つ場所がまだ決まっていない初心者の人がどこを持ってもいいように出来ています。重量も16.5gは一番多いものですね。ただくぼんでいる形のダーツはちょっと癖があるのも確かで、最初のダーツとしては若干合う合わないがあるような気もします。

 

ティップ・シャフト・フライト・ダーツケース

ティップ、シャフト、フライト、ダーツケースに関してはブラスダーツセットと同じですね。レビューを書けば追加でもらえるというのも同じ。ちなみになぜ初心者向けセットは「9点」セットで、こちらは「8点」セットなのかがよくわからないと思ったのですが、タングステンダーツはセッティングされてない状態で来るので、ブラスダーツセットでは本体に付属していたティップとシャフトがない、ということなのでしょうか。代わりにバレルクリーナーがついてくるということで8点、と。まああまり気にするところではないと思います。

>>エスダーツ「本格タングステンダーツ8点セット」

 

ダーツハイブ

ダーツハイブさんでは、初心者向けとして「ブラスダーツセット」を2種類、「タングステンダーツセット」を1種類用意しています。それぞれ見ていきましょう。

 

初心者向けダーツセット899円

>>ダーツハイブ「初心者向けダーツセット」

エスダーツさんより100円安い899円で、他のネットショップなどのこの手のセットを見てもこれが最安値です。それだけで魅力的ですが、中身はどうなのか見ていきましょう。

 

ブラスダーツ

う~ん、ちょっとこれは、いかにも「ブラスダーツです!」というような感じですね~…。大雑把なカットで無骨な感じなんで、こういうのが好きな人もいるでしょうが、特に女子なんかには向かないかな~という気がします。

 

ティップ・シャフト・フライト・ダーツケース

標準的なセット。これに加えて

先端がスピンするシャフトが付いてきて、更にレビューを書けばシャフトとフライトがもう1セットづつもらえます。

ただ、ダーツケースについては昔よくあったダーツ付属品のプラケースのものなので、ちょっと残念ですね…。かなりおもちゃっぽくなってしまうので、かっこ悪いかも。バレルとともに女子向きではないのでプレゼントなどには使えないかな~。

>>ダーツハイブ「初心者向けダーツセット」

 

好みの色で選ぶダーツセット1980円

>>ダーツハイブ「好みの色で選ぶダーツセット」

一番安いセットに+約1000円で、もう少し本格的な入門セットを選択することが出来ます。しかも色を選ぶこともできるため、見た目でモチベを上げたい人には最適。

 

ブラスダーツ

写真を載せたのは赤色ですが、同じ形状で赤・銀・黒から選ぶことが出来ます。どれもブラスダーツとは思えない洗練されたデザインですし、タングステンダーツにもよくある形状のため、変な癖がつくこともなく、この後に本格的なタングステンダーツを買うつなぎとしてもかなり良いと思います。

ただし!ここで一つ重要な注意点があります。このセットはコーティングの色は選べてもダーツの形状は選べない、ということです。もちろん3形状どれも癖がなくいいものではあると思うのですが、やはり色を気にするのなら見た目も気にする人は多いと思いますので、上のデザインが欲しかったけど真ん中のがきちゃったよ…なんてがっかりすることのないようにだけは気をつけてください。

 

ティップ・シャフト・フライト・ダーツケース

フライト1セット、ティップ6本しか付属してきませんが、これも例によってレビューを書くことにより、フライト1セットとティップ30本が追加されます。これだけあればまずは十分かと思います。

更にこのセットの嬉しいところは、ダーツだけでなく、ダーツケースの色も選べることですね。結構しっかりしたダーツケースで、ティップやシャフト、カードを入れるスペースもあるので、これだけで一式をコンパクトに運ぶことが出来ます。

>>ダーツハイブ「好みの色で選ぶダーツセット」

 

管理人のおすすめ「初心者向けダーツセット」 まとめ

ここまで見てきたセットを比較した上で、ダーツを買う時の目的別におすすめを決定しました。

  • とにかく安く、まずは一式揃えてみたい!

こんな人におすすめなのが、エスダーツさんの「999円セット」。ブラスダーツですがそれを感じさせない形状のダーツ、充実した付属品、そしてしっかりしたダーツケースと、飲みの2次会だけのダーツプレイヤーであればこれ以上いらない、というくらいにオトクなセットです。

>>エスダーツ「ダーツ入門者向け9点セット」

  • もう少し高くてもいいので初心者っぽくないダーツが欲しい!

ブラスダーツは形状がいくらタングステンダーツに近いと入ってもやはり材質はブラスなので、ある程度ダーツをやっている人には色でひと目でブラスダーツとわかってしまいます。ですが、ダーツハイブさんの「1980円セット」なら、コーティングがされているために見た目ではわかりませんし、ダーツケースもしっかりしたものなので、「ダーツ結構やりこんでるのかな?」なんて思われたりするかもしれません。

>>ダーツハイブ「好みの色で選ぶダーツセット」

  • ダーツを真面目にやり込もうと思うので最初からある程度のレベルのダーツを使いたい!

そのような方にはやはりエスダーツさんの「4990円セット」でしょうね。この値段でちゃんとしたタングステンのダーツに加えて、セットが一通り揃うというのはやはり魅力です。なにより、ある程度やりこめば殆どの人はブラスダーツからタングステンダーツに移行するので、その手間がいりません。

ただしこれは注意ですが、付属品は4990円セットも990円セットもあまり変わらない、ということです。つまり、990円セットをまずは買って、ある程度ダーツをやり込むか決めてから4000円位の初心者向けタングステンダーツを買っても大して値段は変わらないし、余ったブラスダーツを別の初心者にあげたりもできる、ということです。ですので、ダーツ上達に燃えているような人であればおすすめですが、買ったけどあまりやらないかも…なんて悩んでいる人はまず安いセットを買うのが良いと思います。

>>エスダーツ「本格タングステンダーツ8点セット」

また、低価格(4000~6000円程度)の初心者向けタングステンダーツというのは結構存在するので、今後それらのおすすめ記事も書く予定です。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダーツTIPS・読み物, ダーツの基礎知識, ダーツグッズレビュー
-

Copyright© 家ダーツ.com , 2017 AllRights Reserved.