スポンサーリンク

【ダーツ練習法】ローテーションクリケット

ローテーションクリケット

ゲームはスタンダードクリケット。まずラウンドごとの目標マーク数を決める。自分の平均スタッツから+1、+2くらいが目安。

20エリアからはじめ、目標マーク数を達成したら次の数字に移る。15の次は20に戻るが、15→ブル→20でも構わない。その場合ブルの目標本数も決めておく。数字を2周するのが目標。

ある程度自分の中で特殊ルールを作りゲームを難しくすることができる。例えば2マーク以下なら数字を1つ戻すとか、トリプルが入った場合はホワイトホースを狙いに行くとか。個人的にはトリプルを狙っていく練習なのでダブルキャッチは1マーク扱いにしたほうが良いと思います。

 

この練習法の特徴

クリケットカウントアップとそこまで変わらないとも言えるが、規定のマーク数を出さないと次に進めないため、どこかの数字で延々と引っかかるとかなり精神的に辛くなる。また、ナンバーを打つ順番が決まっていないので、苦手なナンバーを先にやったりしてもいいし、1周したあとは苦手なナンバーのみでローテーションしたり、20T狙いやブル狙いをするなど、変化がつけられる。実際のクリケットではクリケットカウントアップのように3本同じ場所を狙うという状況はそこまで多くないので