ダーツ練習法 ハードダーツ

手軽で効果大!Practice Ringを使った練習法とその代用品

投稿日:2016年12月14日 更新日:

今回はハードダーツを家に設置している人向けのダーツ練習法…というかダーツ練習グッズの紹介です。お手軽に導入できて特に初心者に役に立つので管理人おすすめの練習法です。

Practice Ring

みなさんは「Practice Ring」というものをご存知でしょうか?

もちろんソフトダーツには存在しないので知らない方も多いですが、ハードダーツでの便利な練習グッズです。どういうものかというと…

なんだこの蚊取り線香みたいなのは?と思うかもしれませんが、要は名前の通り単なるリングです。使い方はいたって単純。

 

こんな感じで練習したい場所に、リングに空いている穴を通してまち針で固定することにより、ハードボード上に好みのターゲットエリアを作ってしまおう!と言うグッズです。

初心者の人は特にそうですが、ハードボードで20Tを狙うのはそもそも全然入らないから難しくて面白みがないし、ブルで練習をするとハードボードはすぐにダメになるし、6Sでブル練習…というのもちょっと物足りないですよね。

でもこれがあればボード上の好きな場所にブルを作れるようなもので、単純なものですが練習効率が一気に増します!そして小さいリングもあるので、ピンポイントでダブルの中心などを狙う練習をしたい上級者にも役に立ちます。

 

Practice Ringの入手

ところがこのPractice Ring、見た目のシンプルさとは裏腹にお高い。そして日本での入手がなかなかできません。箱に入ったちゃんとしたやつの定価がだいたい2000円くらいで、

こういう簡易的なやつの定価が800円位。ですが輸入品ということもあり、値段は倍以上になってしまうことが多い。しかもそもそも、国内のショップでは在庫も殆ど無い。個人輸入をするにしてもこのリングだけ買うのでは送料がかなり厳しいですよね…。ではどうすれば良いのでしょう。

 

ヘアゴムを代用品にする

一番安く簡単に済むのがヘアゴムです。ほんと、こんなのでかまいません。

 

 

これは僕がAmazonで注文したやつですが、16本セットで352円。送料も200円しないくらいでした。

これをこうやってまち針でヘアゴムをボードに突き刺してしまえば、リングを使うのとほぼ変わりません。写真はだいぶ使ったのでかたちが歪になっていますが、まだまだ使えます。割りとダーツが刺さっても簡単にはヘアゴムが切れることもありません(コンドルハードポイントロング使用)。

 

まち針が好みでないのならばこれ。ボードにくっついてるように見えますがどうやって…?

 

 

そう、瞬間接着剤!ベタベタ付ける必要はなく、一点だけつければ十分です。

これで全然落下したりしないし、ヘアゴムを外す時はすぐに取れる。

 

というわけで本家 Practice Ring を手に入れるのはなかなか難しいですが、安価にほぼ変わらない練習ができる方法のご紹介でした。静音などの問題からソフトではなくハードボードを導入する初心者の方も多いですから、是非活用してください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ダーツ練習法, ハードダーツ
-,

Copyright© 家ダーツ.com , 2017 AllRights Reserved.